アクティビティのお問い合わせ(4月~11月)
0570-011-411(10:00~17:00)
スキーレンタルのお問い合わせ(11月~4月)
0570-001-501(10:00~17:00)
お問い合わせフォーム
カヌーを体験する時の服装は? 初めての方におすすめの恰好と持ち物

カヌーを体験する時の服装は? 初めての方におすすめの恰好と持ち物

2021/11/30
#コラム
投稿者:スタッフ

美しい景色を眺めながら、のんびりと川下りができるカヌーツーリング。安定性があり、パドルを漕いでゆっくり進むカヌーは、子供からシニアまで幅広く楽しめるアクティビティのひとつです。春から秋まで一年を通して気軽に体験できるカヌーですが、初めての方が一番気になるのが「どんな服装で参加すればいい?」ということ。千歳と定山渓でカヌーツーリングを行うアミューズスポーツでも、こちらのご質問をよくいただきます。
ここでは、気をつけるべきポイントと、季節ごとのおすすめの服装を紹介します。

体験時の服装で気をつけるポイント

canoe-fashion02

参加するにあたって、あらかじめ知っていただきたいのが、『水しぶきを浴びたり』『水に濡れたり』することがあるアクティビティであるということ。カヌー艇に乗り込み全身を使ってパドルを漕ぐので、『動きやすさ』は大前提。アミューズスポーツが実施する千歳美々川と定山渓豊平川の場合は、水位が低く、ライフジャケットを着用するので心配は少ないですが、万が一転覆して水の中に落ちてしまった場合にも、すぐに乾いて体を冷やさないような素材を選ぶようにしましょう。
体験用に新たに服装を揃える必要はありませんが、普段着の中からポイントを意識して選んでみてください。

避けた方がいい服装・素材

ジーンズや厚手のトレーナー、チノパン、スカートなどの綿製品は、濡れると水を吸収して重たくなってしまいます。
もしも水に落ちてしまった場合に動きが制限され、綿素材は速乾性がないので体温を奪ってしまう事態に。安全を第一に考えて、避けることをおすすめします。

基本は上下セパレート、動きやすい恰好で

canoe-fashion03

カヌーツーリングは、水上のアクティビティです。どんなに注意を払っても、多少は濡れることがあります。また、最初と最後に水の上に浮かんだカヌー艇への乗り降りや、全身を使ってパドルを漕ぐ動作も。そのため、上下セパレートの動きやすい服装がおすすめです。

女性の場合、スカートやワンピースは動きにくいので避けましょう。男女ともに、トップス+ボトムスの組み合わせが良く、足元はスニーカーなど汚れてもいい靴をチョイス。オシャレ靴や革靴は濡れた時にシミになりやすく、女性のミュールやヒールは足場が悪いこともあるのでNGです。かかとがない靴や足の甲が開いたデザインの靴は、脱げて失くしてしまう恐れがあるので注意。スニーカーやスポーツシューズ、夏場であればクロックスなどのサンダルがおすすめです。

速乾性・保温性のあるウエアを選ぼう

canoe-fashion04

濡れた時に速乾性があるのは、化学繊維のウエア。ナイロンやポリエステルなど素材を使用したものです。
そして春や秋であれば、保温性の高いフリース素材をチョイスするのも良いでしょう。アウトドアブランドからは、着心地が良く機能性に優れた製品が多いので、迷ったら参考にしてみてください。

そして、天候が変わりやすい春先や秋の終わり頃は、レインウエアやウインドブレーカーを持参すると便利です。アミューズスポーツでは、無料でレインコートを貸し出ししているので心配は無用ですが、寒さをしのぐ意味でも、1枚羽織れるものがあると助かります。

\ 定山渓でおすすめのカヌー体験 /

季節ごとのおすすめの服装

canoe-fashion05

アミューズスポーツでは、6月~11月と長い期間体験ができます。関東とは異なり、北海道では春や秋は風の冷たさを感じますし、夏でも8月後半を過ぎれば肌寒い日が多いです。

前述の通り、上下セパレートはもちろんですが、温度調節の観点からも脱ぎ着しやすい恰好が基本となります。

夏におすすめの服装

canoe-fashion06

7月~8月は、夏の服装でOKです。男性はTシャツに半袖シャツ、ハーフパンツなど。女性はキャミソールやTシャツに長袖のパーカー(日焼け対策)、ショートパンツ+レギンスまたはキュロットスカートなどがおすすめ。

子供も大人同様の着こなしで構いませんが、アミューズスポーツが体験を行っている定山渓豊平川は水位が低く、川への飛び込みが可能。水遊びをしたいorさせたいという場合は、水着やラッシュガードで参加するのも良いでしょう。

春や秋におすすめの服装

canoe-fashion07

服が濡れて風が当たるとより寒さが増します。上下レインウエアだと一番安心ですが、アクティビティ前後に予定がある場合、なかなかそうもいきませんよね? 男女ともに、トップスには速乾性のあるインナーを着用のうえ、ロンTがTシャツの重ね着がおすすめ。そのうえにサラサラとしたレインウエアの上着やウインドブレーカーを羽織るなどすると良いでしょう。下は長ズボンでもOKですし、レギンスやトレンカにハーフパンツを合わせるスタイルのお客様が多いです。

子供は暑がりなので、半袖Tシャツにパーカーやウインドブレーカーのスタイルもしくは、キャミソールやランニングに薄手のロンTにサラサラとしたジャンパーでも良いでしょう。

\ 千歳でおすすめのカヌー体験 /

あると便利な持ち物

水上アクティビティですので、多少なりと水に濡れることがあります。そんな時にサッと拭けるようにタオルを1枚持参するのをおすすめします。特にタオルは夏場に水に濡らして首に巻くことで熱中症対策にもなります。
この他にもあると便利なものがあるので、下記を参考にしてみてください。

  • タオル
  • UVカットの帽子
  • サングラス
  • 日焼け止めクリーム
  • スポーツ用のネックガード

熱中症対策はもちろん、日焼けやケガ防止のために帽子を着用するのがおすすめです。キャップやサンバイザーでも問題はありませんが、あまりつばの広くないハットタイプの方が視界を遮ることもないので良いでしょう。最近ではバケットハットを被っている方をよく見かけます。風で帽子が飛ばないか心配な方は、ヒモ付きまたはクリップで留めるのもありです。

また、水上アクティビティは想像以上に水面からの照り返しが強いです。太陽が反射して景色を楽しめない!なんてことにならないよう、サングラスがあるなお良いかもれません。その際、落としてしまわないように眼鏡バンドも併せて用意しましょう。

canoe-fashion08-2
そして一番大切なのが、日焼け止め。
長袖や長ズボン、レギンスを着用していれば体の日焼け防げますが、首や手足、顔は露出していますので、紫外線が気になる方は日焼け止めクリームを予め塗っておくか持参しましょう。カヌー艇の上で塗り直しはできないので、SPF値が高いものやウォータープルーフの日焼け止めがベストです。なお、首元は絶対に日焼けしたくないという方は、スポーツショップやアウトドアブランドで販売されているネックガードをご用意ください。

まとめ

canoe-fashion09

カヌーを体験する際に、服装に神経質になる必要はありません。普段着で構いませんが、「上下セパレート」「速乾性と保温性」「多少汚れてもいい服と靴」この3つを意識して、服装を選んでみてください。

また、本記事は弊社の場合を想定していますが、体験される事業者によって服装ルールが異なる場合があります。心配な場合は、事前にお問い合わせされることをおすすめします。

\ 定山渓でおすすめのカヌー体験 /

一覧にもどる